クッション材を入れて柔らかい畳を。part1

新規の畳を作る時だけに限りますが(厚みが変わってしまうため)、

(薄いクッション材であれば表替えの時にも可能。)

畳の芯材と畳表(ござ)の間に畳専用のクッション材を入れることで

柔らかい畳を制作することができます。

畳が柔らかいと畳の持ち(寿命)は少し悪くなりますが

とても気持ちい畳に仕上がります。

柄表(がらおもて)

柄のついた畳表です。 畳にはこのように柄の入った物もあり、楽しむことが出来ます。

(12,000円くらい~)

こんな可愛い縁も有ります。 (”フルル”と言う縁のシリーズです。)

縁無し畳(へりなしたたみ)

縁無し畳: 琉球畳と言う場合も有りますが基本的には縁がない畳を縁無し畳といいます。

琉球表で作った縁無し畳を”琉球畳”と呼び、

他の畳表(目積表、和紙表、備後表)で作った物は縁無し畳と呼びます。

 

半畳の縁無し畳を敷き詰めると上の写真の様なお洒落なお部屋になります。

カラー表を使用するとこの様な感じに仕上げる事も出来ます。

価格の目安  新規 半畳サイズ 1枚 15,000円~25,000円位

 

6帖のお部屋の場合 半畳サイズ12枚必要 12枚×15,000=180,000円

 

(あくまで目安なので詳しくは各畳店にお問い合わせ下さい。)

樹脂素材の畳表

樹脂で出来たい草を織り込んだ畳表です。

・丈夫

・色が変わらない。

・カビが生えにくい

・色々なカラーがある。

など天然のい草に負けない性能を持っています。

 

樹脂の畳表はセキスイから出ています。

セキスイの”美草(みぐさ)”と言います。

クッション材を入れて柔らかい畳を。part2

前回、紹介したクッション材ですが、

色々なものが選べます。

今回紹介するのは

ケナフ素材のクッション材です。

​天然素材の良さを感じるクッション材です。